筑波山ケーブルカー
2017年7月2日
筑波山
茨城県つくば市北端にある標高877mの山
西側の男体山と東側の女体山からなる



筑波山神社
約3000年の歴史を持つ、由緒ある古社
この神社を通り抜けないとケーブルカーには乗れない


筑波山ケーブルカー
土産屋の駐車場(500円)から階段を登り
神社境内を抜け、約15分で宮脇駅に到着
17時発の最終に間に合った
開業.廃止.再開
大正14年10月に全国で5番目のケーブルカーとして開業
昭和19年2月に戦況悪化による不要路線として廃止
戦後、昭和29年に再開し、平成11年にはロープウエイと合併

宮脇(305m)と山頂駅(800m)駅間、全長1,634m
料金は大人.往復一人1,050円



車両は三代目
1995年から稼働の「わかば」.定員は107名
相棒は赤色車体の「もみじ」


車掌
運転士は機器室でモーターを操作している



最急こう配20度
最高時速12km.所用時間8分



下ってくる「もみじ」
中間を過ぎた辺りから90度の急カーブ


筑波山頂駅
17時08分.標高800mの駅に到着


展望台
なんと、360度.回転する展望台
今回は時間が無くパス、残念


わずか、12分の滞在
下り最終の17時20分で下山
カーブの先にトンネル
三分の一がカーブ、しかもトンネル


 
登ってくる「もみじ」
下りは17時20分が最終だが
ケーブルカーの宿命で、2両は一芯同体の為
また登ってくる



宮脇駅に到着
残念ながら都心方面はガスって見えません


ついでにロープウエイも
筑波山ロープウェイ
1965年に開業、つつじヶ丘駅と女体山駅
全長1296m.所用6分.高低差298m

往復.一人1,100円










SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO